ホーム > ESD推進活動 九州・沖縄の情報  > 大分県教育委員会「2020からの新しい授業づくりハンドブック」の公開

ホーム > ESD推進活動 九州・沖縄の情報  > 大分県教育委員会「2020からの新しい授業づくりハンドブック」の公開

2020.06.13 ESD推進活動 九州・沖縄の情報 

大分県教育委員会「2020からの新しい授業づくりハンドブック」の公開

大分県教育委員会は「2020からの新しい授業づくりハンドブック」を公開しました。

ICTを活用した指導の充実等、Withコロナの状況下での授業づくりの方向性や指導の留意点がまとめられています。

 


2020からの新しい授業づくりハンドブック

○本ハンドブックは、withコロナの状況下における授業づくりの方向性や指導の留意点をまとめています。
○その多くは、afterコロナにおいても重要な授業づくりのポイントです。

1 子どもたちの「学びの保障」のために

(1)新大分スタンダードに基づく授業づくりの推進
(2)対話的な学びの考え方
(3)ICTを活用した学習指導
(4)授業と家庭学習を効果的に連動させた学習指導
(5)感染の可能性が高い学習活動について

2 カリキュラム・マネジメントによる教育活動の工夫

(1)教科等横断的な視点で教育課程を編成する
(2)教育課程の実現状況を評価して、その改善を図る
(3)教育課程の実施に必要な人的・物的な体制の確保する

 

2020からの新しい授業づくりハンドブック – 大分県ホームページ
http://www.pref.oita.jp/site/gakkokyoiku/hanndobukku.html

ホーム > ESD推進活動 九州・沖縄の情報  > 大分県教育委員会「2020からの新しい授業づくりハンドブック」の公開
ホーム > ESD推進活動 九州・沖縄の情報  > 大分県教育委員会「2020からの新しい授業づくりハンドブック」の公開