ホーム > アワード・表彰 セミナー・シンポジウム 地域ぐるみのESD活動推進 脱炭素・気候変動教育 2.ESD推進活動  > 【6/23締切】第21回聞き書き甲子園の開催について

2022.05.13 アワード・表彰 セミナー・シンポジウム 地域ぐるみのESD活動推進 脱炭素・気候変動教育 2.ESD推進活動 

【6/23締切】第21回聞き書き甲子園の開催について

第21回の「聞き書き甲子園」参加の高校生募集と、次年度開催の協力市町村公募が開始されました。
「聞き書き甲子園」は、全国の高校生が、森や川、海とともに生きる知恵や技を持つ「名人」を訪ね、一対一の取材と成果の発信を通じて、「名人」との世代を超えた交流から森や川、海からの豊かな恵みや、そこに暮らす人々の営みを学ぶものです。

 


 

聞き書き甲子園実行委員会(農林水産省ほか)は、全国の高校生が、森や川、海とともに生きる知恵や技を持つ「名人」を訪ね、一対一で聞き書きし、その成果を発信する第21回「聞き書き甲子園」の開催に当たり、参加する高校生を募集します。
また、第22回の開催に向け、本取組に賛同しご協力いただける市町村を公募します。

 

1.趣旨

「聞き書き」とは、話し手の言葉を一字一句全て書き起こしたのち、一つの文章にまとめる手法です。
農山漁村における過疎化が進み、暮らしに必要なものを森や川、海から得て暮らしていくための知恵や技術が失われつつあるなか、全国から選ばれた高校生が、森や川、海とともに生きる知恵や技を持つ「名人」を訪ね、一対一で「聞き書き」し、その成果を発信する活動を、毎年「聞き書き甲子園」として実施しています。
参加する高校生は、「名人」との世代を超えた交流を通して森や川、海からの豊かな恵みや、そこに暮らす人々の営み、地域の伝統・文化などについて学び、その成果はフォーラム(成果発表会)や作品集、インターネットを通じて発信していきます。
平成14年度からスタートしたこの取組には、これまで約1900人の高校生が参加し、高校卒業後は農山漁村へのI・U ターンも含め、さまざまな場所で活躍しています。
今年で21回目となる「聞き書き甲子園」の開催に当たり、参加する高校生を募集します。
また第22回の開催に向け、本取組に賛同し、名人の推薦と高校生の「聞き書き」取材の受け入れにご協力いただける市町村を公募します。

 

2.参加高校生の募集

1.参加資格:高等学校等(注)に在籍する生徒
(注)定時制、通信制の高等学校、高等専修学校、特別支援学校(盲学校、ろう学校及び養護学校)、フリースクールの高等部等に在籍する生徒も含む。

2.募集期間:令和4年5月10日(火曜日)~6月23日(木曜日)

3.募集人数:96名

4.応募方法
ホームページ((外部リンク)https://www.kikigaki.net/entry)内の申し込み専用フォームから申し込みいただくか、参加申込書及び参加動機を書いた作文(400字程度)を、聞き書き甲子園実行委員会事務局宛てに6月23日(木曜日)必着で郵送してください。
(参加申込書は、ホームページからダウンロードできます)

<宛先>
聞き書き甲子園実行委員会事務局宛
〒156-0043
東京都世田谷区松原1-11-26-301
(NPO法人共存の森ネットワーク内)
電話:03-6432-6580
メールアドレス:contact@kikigaki.net

5.参加費用:無料

6.参考:<添付資料>協力市町村と実施スケジュール(PDF : 451KB)

開催に当たっては、国や各都道府県の方針に従い、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して行います。状況により、開催内容が変更・延期・中止となる可能性もあります。あらかじめご了承ください。最新の情報はホームページ((外部リンク)htps://www.kikigaki.net)にてご確認ください。

 

3.第22回の開催に向けた協力市町村の公募

第22回の協力市町村を下記により公募します。

1.公募対象
公募対象は市町村(地域)とし、複数の市町村連名での申請や、市町村を窓口として地域団体(※)が実質的な主体となり申請することも可能です。
選定された市町村(地域)は、令和5年1月末までに別添の「名人」推薦要領に基づき、林業、水産業、工芸等に携わり、自然に関わる仕事をしてきた「名人」6~8名の推薦書を提出いただきます。
また、選定された「名人」には、令和5年度に実施する第22回「聞き書き甲子園」において、高校生の「聞き書き」取材にご協力いただきます。
(※)「地域団体」とは地域自治組織や市民活動団体、事業協同組合等を指します。

2.公募期間:令和4年5月10日(火曜日)から9月2日(金曜日)17時まで

3.応募方法
令和5年度「第22回聞き書き甲子園」協力市町村(地域)公募要領に定める申請書(様式1)及び申請地域概要説明書(様式2)を、聞き書き甲子園実行委員会事務局宛てに郵送又はメールに添付し、提出してください。
詳しくは、「聞き書き甲子園」のホームページを御覧ください。
URL(外部リンク):https://www.kikigaki.net/join

<宛先>
聞き書き甲子園実行委員会事務局宛て
〒156-0043
東京都世田谷区松原1-11-26-301
(NPO法人共存の森ネットワーク内)
電話:03-6432-6580
FAX:03-6432-6590
メールアドレス:contact@kikigaki.net

4.参考:<添付資料>協力市町村と実施スケジュール(PDF : 451KB)

 

添付資料

高校生募集に関して
第21回「聞き書き甲子園」開催案内リーフレット【全体】(PDF : 7,625KB)
第21回「聞き書き甲子園」開催案内リーフレット【分割3-1】(PDF : 3,843KB)
第21回「聞き書き甲子園」開催案内リーフレット【分割3-2】(PDF : 2,952KB)
第21回「聞き書き甲子園」開催案内リーフレット【分割3-3】(PDF : 2,634KB)

協力市町村公募に関して
第22回聞き書き甲子園協力市町村(地域)公募のご案内【全体】(PDF : 8,576KB)
第22回聞き書き甲子園協力市町村(地域)公募のご案内【分割2-1】(PDF : 5,789KB)
第22回聞き書き甲子園協力市町村(地域)公募のご案内【分割2-2】(PDF : 2,906KB)

 

(全般について)
聞き書き甲子園実行委員会事務局
NPO法人共存の森ネットワーク
担当:福川、三木
電話1:03-6432-6580
電話2:050-5363-1200
FAX:03-6432-6590
メールアドレス:contact@kikigaki.net

 

林野庁 高校生が森・川・海の名人から聞き書きし、その知恵・技を学ぶ~第21回「聞き書き甲子園」開催~
https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/220510.html

ホーム > アワード・表彰 セミナー・シンポジウム 地域ぐるみのESD活動推進 脱炭素・気候変動教育 2.ESD推進活動  > 【6/23締切】第21回聞き書き甲子園の開催について