ホーム > ESD関連ニュース セミナー・シンポジウム 募集事業 2.ESD推進活動 3.ESDお役立ち情報  > 【10/19開催】令和4年度「体験の機会の場」と連携した教職員等向け環境教育研修の開催について

ホーム > ESD関連ニュース セミナー・シンポジウム 募集事業 2.ESD推進活動 3.ESDお役立ち情報  > 【10/19開催】令和4年度「体験の機会の場」と連携した教職員等向け環境教育研修の開催について

2022.09.27 ESD関連ニュース セミナー・シンポジウム 募集事業 2.ESD推進活動 3.ESDお役立ち情報 

【10/19開催】令和4年度「体験の機会の場」と連携した教職員等向け環境教育研修の開催について

環境省では、文部科学省の協力のもと、持続可能な社会の構築を目指して学校や地域で環境教育・学習を実践・推進するリーダーたる人材を育成することを目的に、教職員等を対象とした研修を実施します。
今般、体験の機会の場」に認定されている中特ホールディングスと連携した研修が実施されますのでお知らせします。
環境教育・体験活動のリーダー人材を目指す方はぜひこの機会にご参加ください。
 


 
環境省は、学校や地域で環境教育を実践するリーダー人材を育成することを目的に、教職員をはじめ企業・団体職員、行政担当者等を対象に、「体験の機会の場」に認定されている中特ホールディングスと連携した研修を令和4年10月19日(水)に山口県で開催します。

 

1.研修の目的

 環境省は、文部科学省の協力の下、持続可能な社会の構築を目指して、教職員等を対象とした「令和4年度教職員等環境教育・学習推進リーダー養成研修」を実施しています。その一環として、「体験の機会の場」※1に認定されている株式会社中特ホールディングス※2の施設において体験活動を企画、実践することができるリーダー人材を育成するための研修を行います。
本研修は、教職員のほか、NPOやNGO、民間企業、行政関係者等を対象としており、持続可能な社会づくりに関心を持つ参加者間の交流・ネットワークの構築にもつながります。
 
※1「体験の機会の場」認定制度について
所有又は賃貸借契約等を結んで使用している土地又は建物を、自然体験活動や社会体験活動等の体験の機会の場として所有者等が提供する場合、申請を受けて、都道府県知事等が認定する制度です。現在、全国で27箇所が認定されています。
参考:https://www.env.go.jp/policy/post_57.html
 

※2 株式会社中特ホールディングスについて
山口県周南市を拠点に一般廃棄物収集運搬、産業廃棄物処理、リサイクル等の事業を行っており、事業を通した地域密着型企業としてCSR活動にも力を入れていています。2016年には「環境人づくり大賞2015」を、2021年には「チャレンジやまぐち地域貢献賞」を受賞。2020年には「ダチョウへの給餌体験」が山口県で初めて「体験の機会の場」に認定されました。
参考:http://www.chutoku-g.co.jp/csr/esd/feeding_experience
 

2.日程・会場・主催等

日程:令和4年10月19日(水)10:00~16:00(予定)
会場:認定「体験の機会の場」中特ホールディングス施設
講義:株式会社中特ホールディングス本社 山口県周南市大字久米3034‐1
クラフトアート等:山口県光市虹ケ浜3‐1‐5
※施設間の移動はバスを手配します。マイカーでお越しの場合はマイカーで御移動ください。
 
主催:環境省
協力:文部科学省
共催:「体験の機会の場」研究機構※3
運営協力:株式会社中特ホールディングス
※3 「体験の機会の場」研究機構について
都道府県知事等から「体験の機会の場」の認定を受けた事業者が、民間の立場から、体験プログラム等の更なる充実を図るために設立した任意団体で12団体が加盟。
 

3.内容(予定)

・オリエンテーション
・株式会社中特ホールディングス会社紹介・環境教育の取組紹介
・体験プログラム:虹ケ浜海岸クリーンアップ
・昼食(お弁当(有料))
・体験プログラム:読み聞かせ・地図作成
・体験プログラム:海岸漂着物クラフトアート
・学校とつながるためのワンポイントアドバイス:講師 關口 寿也氏(東京都多摩市立連光寺小学校 校長)
・ワークショップ
 

4.申込方法等

対象:環境教育や体験活動、地域づくりに関心のある方
(学校教職員のほか、行政関係者、民間企業やNGO/NPOのスタッフ、大学生等)
申込方法:研修公式サイト内の各コース「お申込みフォーム」に必要事項を記入の上、送信ください。定員(25名)に達した場合は、募集を締め切ります。
研修公式サイト:https://www.jeef.or.jp/activities/esd_teacher/
参加費:無料(ただし、交通費、宿泊代、昼食代は自己負担となります。)
交通手段:①無料送迎バス JR徳山駅より出発(希望される方には、事務局から、集合時間・場所等を御連絡いたします。)
②マイカー 無料駐車場あり(駐車場利用者は事前申請が必要となります。駐車台数に制限がありますので、できるだけ送迎バスを御利用ください。)
その他:新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のため、参加に当たっては、研修運営事務局の指示に従い、マスクの着用等の感染防止対策に御協力ください。
 

【研修に関してのお問合せ】
○公益社団法人日本環境教育フォーラム(研修運営事務局)内
担当:清水・加藤(有)
URL:https://www.jeef.or.jp/activities/esd_teacher/
MAIL:esd-kensyu@jeef.or.jp
TEL:03-5834-2897
FAX:03-5834-2898
 

連絡先

大臣官房総合政策課環境教育推進室
代表03-3581-3351
直通03-5521-8231

 

環境省 令和4年度「体験の機会の場」と連携した教職員等向け環境教育研修の開催
https://www.env.go.jp/press/press_00586.html

ホーム > ESD関連ニュース セミナー・シンポジウム 募集事業 2.ESD推進活動 3.ESDお役立ち情報  > 【10/19開催】令和4年度「体験の機会の場」と連携した教職員等向け環境教育研修の開催について
ホーム > ESD関連ニュース セミナー・シンポジウム 募集事業 2.ESD推進活動 3.ESDお役立ち情報  > 【10/19開催】令和4年度「体験の機会の場」と連携した教職員等向け環境教育研修の開催について